やりたい曲以上にこの楽団にいたい理由がある

プロフィール

浜田 優花

オーボエ/イングリッシュ・ホルン

トラオム歴:2年
居住地:神奈川県川崎市(同市出身)

生まれも育ちも神奈川県なのにどうして愛知のトラオムに?

最初はサン=サーンスの「オルガン付き」を演奏したいという動機で参加しました。どうしても吹きたかった曲だし、練習が月に1回だから行けるかなと思って笑

でも「オルガン付き」の演奏会が終わっても参加し続けている理由は、毎回練習に来るうちに曲じゃなくて楽団そのものに惹かれるようになってきたからです。
他ではやらないことに果敢に挑戦して、創り出すものにどこまでもこだわり抜く感じがハマりました。
今はトラオムのみんなと「エンターテイメントを創りたい」って動機でやってます!

トラオムの特徴ってどんなところだと思いますか?

「良い音楽を創ろう!」という目的へのこだわりがすごくて、みんなで熱量高く取り組んでいこうとする雰囲気があります!
上手な人同士がいがみ合うのではなく、「より良い音楽」に向かって高め合ってるのがすごく居心地良く感じています。得られる刺激が多いです!

熱量は高いけど、人当たりがよくて話しかけやすい人が多く、毎回練習後に誰かとご飯に行っています!

団の運営にも少し関わっているのですが、運営の人たちは様々な角度から演奏会をより良くできないかと考えて挑戦しています

劇や演出をつけた公演の企画というところに最も表れていますが、パンフレットをオールカラーで仕上げて初めて演奏会に来る人にも楽しめるように工夫したり、WEB広告に出稿したり、年間計画を組んでTwitter施策を回したりと、細部まで「より良く」の姿勢で運営されています。

しかも、「こんなことやってみたくない?」っていう提案に対して、難癖つけてやらない方向に誘導するのではなく、「やってみよう!」って言って全部取り組んでいくんです。
総監督の米本が「『ダメそうだからやらない』じゃなくて『ダメならやめればいいんだ』。」って言ってるんですけど、本当にその通りの動きをしています。
実際、これまでに『ダメならやめればいい』って思って始めたことで、本当にやめたことは無い気がします笑

今後トラオムで叶えていきたい「夢」はありますか?

もっとお客さんを増やしたいです!

今は400人にも満たないお客さんですが、「目指せ1000人!目指せ満席!」と思って努力していきたいです。
そのためには、演奏技術をさらに高めて「また行きたい!」って思ってもらいたいですし、開催ホールや宣伝方法も改善していきたいですね。

神奈川から参加している私の立場では、いずれ東京公演とか関西公演とかして、より多くの人に演奏を届けたいと思っています!

最後に入団を検討している人に一言お願いします!

乗って後悔することは無いと思います!

東海地方の人には絶対参加してほしいし、日本に住んでたら名古屋はどこからでもアクセスはいいから参加できます!
新幹線も飛行機も通ってますからね笑
練習も月に1回だし、泊めてくれる友達もできるからなんとかなります笑

とにかく、興味があるならエントリーしてみてください!!

最新情報をチェックしよう!